タダシップは効果が高いが注意点もあります

「タダシップ」と「メガリス」は、シアリスのジェネリック医薬品で、有名なバイアグラと同じED(勃起不全)治療薬です。
日本の病院で処方されているED治療薬は、バイアグラ・レトビラ・シアリスの3種類です。
前述しましたように、タダシップとメガリスは、この中のシアリスのジェネリック医薬品で、成分も効果もシアリスとほとんど変わりません。

タダシップ・メガリスの主成分は、「タダラフィル」という物質です。
勃起は、陰茎に血液が充満している状態ですが、この状態を保つのを妨げるPDE-5という酵素の働きを阻害するのがタダラフィルです。

タダラフィルの特徴は、効果の持続時間の長さです。
先行医薬品のバイアグラ、レトビラは約4時間の持続効果ですが、この成分を含むタダシップ、メガリスは、その9倍の36時間効果が持続します。
金曜の夜に服用すれば、日曜日の昼間まで長時間作用することから、「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

タダシップ、メガリスなどのシアリスのジェネリック医薬品は、効果が高いが注意点もいくつか存在します。
ここではシアリス系ED治療薬服用の注意点について、ご紹介します。

まず、タダシップ・メガリス錠は、性行為をする3~4時間前に服用してください。
人によって、またはその時の体調によって吸収の速度が1~4時間と幅があります。
飲んでから10mgで20~24時間、20mgで最大36時間くらいは作用します。

また、どのED治療薬に関してもいえることなのですが、あくまでED治療薬は血流改善のよって勃起を補助する薬なので、服用しても性的刺激、性的興奮がなければ勃起しません。
要するに、服用して薬が体内に吸収されただけでは、勃起はしないということです。

■レビトラについて詳しく載ってます
レビトラの処方と服用について
■病院処方以外で治療薬を入手
ED治療薬は個人で通販も出来ます